テーマ:純米

純米 藍の郷

優しい香りと爽やかな酸味の純米酒 南陽酒造(埼玉県羽生市) アルコール度:15度以上16度未満 精米歩合:60% 埼玉県の志木市 カッパの伝説がある郷です 色々なところにカッパのモニュメントがあります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木戸泉 actiba生 純米酒

優しい旨みと豊かな酸味の純米生原酒 木戸泉酒造(千葉県いすみ市) アルコール度:16度 精米歩合:80% 使用米:千葉県産山田錦 城シリーズ71回目 千葉県の大多喜城 2018年2月に来訪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹林 ふかまり 純米酒

濃醇な味わいの純米酒 丸本酒造(岡山県浅口市) アルコール度:15度 精米歩合:60% 使用米:山田錦 城シリーズ67回目 岡山県の備中高松城 2019年7月に訪れました 秀吉が高松城水攻めで包囲していた際に 本能寺の変が起こり中国の大返しを行った起点でもあります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘉美心 純米

米の旨みがしっかりとした酸味のある濃醇な純米酒 嘉美心酒造(岡山県浅口市) アルコール度:15.5度 日本酒度:-2.5 酸度:1.5 精米歩合:70% 酵母:協会7号 城シリーズ65回目 岡山県の備中松山城 日本三大山城の一つです 天守閣が現存しています 過去2回訪れています 2001年に訪れた際には天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOZENSYHU9(NINE)

豊かな旨みと爽やかな酸味の純米酒 辻本店(岡山県真庭市) アルコール度:15度 日本酒度:5.0 酸度:1..0 アミノ酸度:1.1 精米歩合:65% 使用米:岡山県産雄町 城シリーズ64回目 岡山県の津山城 別名は鶴山城 2001年と2019年の2回訪れています 2019年の津山城
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰東郷 純米生

2001年に飲んだお酒のラベル 福羅酒造(鳥取県湯梨浜町) 城シリーズ61回目 鳥取県の鳥取城 秀吉の兵糧攻めが有名です 2015年に訪れました 球面の石垣になっている天球丸
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座音頭 純米酒

1998年に飲んだお酒のラベル 浅間酒造(群馬県長野原町) アルコール度:15度以上16度未満 城シリーズ55回目 群馬県の箕輪城 戦国時代の要所の城 井伊直政も居城でもありました NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」が放映されていた 2017年9月に来訪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彩の舞 純米酒

飲んだ時期は不明ですが 昔住んでいた家に近い場所にあった蔵元で購入 1998年頃に飲んだと思われます 内木酒造(埼玉県さいたま市)※飲んだ当時は合併前の浦和市 アルコール度:15度以上16度未満 城シリーズ53回目 埼玉県の忍城 豊臣秀吉の小田原攻めの際に石田三成に攻められながらも持ちこたえた浮城 映画「のぼうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純米酒 神龜

2008年に飲んだお酒 神亀酒造(埼玉県蓮田市) アルコール度:18度以上19度未満 精米歩合:60% 城シリーズ51回目 埼玉県の鉢形城 北条氏の城です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒は楽しく 多摩自慢

2010年委飲んだお酒のラベル 動物が楽しそうにお酒を飲んでます 石川酒造(東京都福生市) 城シリーズ48回目 江戸城 皇居です 皇居東御苑は無料で入場できますが過去に3回訪れています 2016年11月 2019年4月 皇居東御苑に天守台が残っています つつじが綺麗でした 2019年11月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純米酒 八王子城

1998年に飲んだお酒 平成10年これも古いラベルです 小澤酒造場(東京都八王子市) アルコール度:15度以上16度未満 城シリーズ46回目 東京都の八王子城 北条氏の山城です 豊臣秀吉の小田原城攻めの際に落城 駐車場から本丸までは険しい山道でした 2018年7月来訪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨正宗 純米甘口 昭和五十四年醸造酒

古酒を専門に醸造している蔵元です かなり昔に飲んだお酒ですが 正確な時期は分かりません 1996年頃に岐阜に旅行に行った際に購入したと思われます 白木恒助商店(岐阜県岐阜市) 城シリーズ39回目 岐阜県の岐阜城 斎藤道三の時代は稲葉山城 山頂の天守閣まではロープウェーに乗っていきます 2015年9月に訪問 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥播磨 純米

2010年に飲んだお酒のラベル 下村酒造場(兵庫県姫路市) アルコール度:17度以上18度未満 精米歩合:60% 使用米:阿波山田錦 城シリーズ32回目 兵庫県の竹田城 天空の城として有名です 山の上に石垣が残っています 川を挟んだ立雲峡からの景色 山上にある城の様子がよくわかります 2017年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小笹屋 竹鶴 純米原酒

2011年に飲んだお酒のラベル 竹鶴酒造(広島県竹原市) 使用米:大和町産雄町 城シリーズ29回目 広島県の福山城 山陽新幹線の福山駅の前にあるお城 新幹線で通るときは毎回車窓から見えますが 城を訪れたのは2017年4月 桜が満開の季節でした
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔鯨 純米酒

高知市唯一の酒蔵 何度も飲んでいますが 2010年に飲んだお酒のラベルです 酔鯨酒造(高知県高知市) アルコール度:15度 精米歩合:60% 使用米:吟の夢 城シリーズ18回目 高知県の高知城 土佐藩山内家の城 現存天守のある城です 過去に2回訪れています 2012年4月 1999年8月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかむすめ Bunbun 無濾過生原酒

ふんわりとした甘さとキレの良いあと味の純米酒 新谷酒造(山口県山口市) アルコール度:16度 日本酒度:-1.0 酸度:1.6 精米歩合:60% 使用米:やんだ錦 酵母:山口9E酵母 城シリーズ5回目 山口県の萩城(2014年夏) 建物はありませんが石垣が残っています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎん 生もと純米生原酒 うすにごり

心地よい酸味とフレッシュな味わいの純米生原酒 柴田酒造場(愛知県岡崎市) アルコール度:17度 日本酒度:+4.0 酸度:2.2 精米歩合:70% 使用米:五百万石 家で餃子をつくりました うまく焼け美味しくいただきました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川鶴 純米 限定生原酒

フルーティな香りと優しい旨みと酸味の純米酒 川鶴酒造(香川県観音寺市) アルコール度:17度 精米歩合:58% 使用米:さぬきよいまい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽我の誉 しぼりたて純米酒

まろやかな味わいの純米酒 石井醸造(神奈川県足柄上郡大井町) アルコール度:15度 曽我梅林(2020年2月23日撮影) 梅林から山に登って見晴らし台からの富士山
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄桜 純米生原酒

直営店限定酒です 黄桜(京都府京都市伏見区) アルコール度:18度 日本酒度:+4.0 精米歩合:70% 使用米:山田錦 キザクラカッパカントリーで飲んだお酒 黄桜の蔵元を見学 ↓
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都五山の四季 純米酒

まろやかな甘みと優しい酸味のある純米酒 鶴正酒造(京都府京都市伏見区) アルコール度:15度 日本酒度:+2.0 酸度:1.6 精米歩合:60% 京都伏見稲荷大社 訪れた日が初午大祭で混雑していました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英勲 純米酒

透明感のあるすっきりとした軽快な味わい 齋藤酒造(京都府京都市伏見区) アルコール度:15度 精米歩合:60% 嵐山で宿泊した宿で飲んだお酒 料理とともに美味しくいただきました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹山 純米酒 しぼったそのまま

まろやかな米の味わいと爽やかな香りの純米原酒 丹山酒造(京都府亀岡市) アルコール度:18度 日本酒度:+4.0 酸度:1.4 精米歩合:70% 嵐山少し高台にある法輪寺 嵐山から京のまちが望めます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作 IMPRESSION typeG 純米原酒 無濾過直汲

穏やかで心地よい清涼感のある純米原酒 清水清三郎商店(三重県鈴鹿市) 精米歩合:60% 酵母:協会701酵母 伊東でお昼を食べてから小室山へ 風が強くリフトが運休していたので歩いて山頂まで 海の向こうに初島が見えます 富士山も雲が取れてよく見えました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武勇 純米活性にごり酒 風花

爽やかな香りと心地よい甘みのにごり酒 武勇酒造(茨城県結城市) アルコール度:17度 日本酒度:-2.0 酸度:1.4 精米歩合:58% 使用米:茨城県産ひたち錦 蘆花公園の紅葉(2019年12月14日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more